圏谷のシンフォニー

タイトル: 圏谷のシンフォニー
価格: 定価5,400円(本体5,000円)
出版: 山と渓谷社 2010年
説明: 山と渓谷社創業80周年記念出版。
登山者の間で昔も今も一番人気の山、穂高連峰。その中に開けた氷河圏谷・涸沢 は「登山者の聖地」として多くの人々に親しまれてきました。この涸沢を中心とした穂高連峰の四季を、日本を代表する白簱史朗が1冊の写真集に。これまでカメラマンが見過ごしてきた、白簱史朗独自のポジションから撮り下ろした未発表作品を数多く掲載。