秋のヨーロッパアルプスを撮影してきました。

2013-10-27

10月11日から22までの12日間、ヨーロッパアルプスの山々を撮影して来ました。チューリヒからグリンデルワルトへ入った翌朝、白銀の世界に変わっていました。新雪が来たアイガーやヴェッタホルンをグリンデルの村はずれやフィルストから思う存分撮影しました。

グリンデルワルト、雪の朝

フィルストにて

3日目は電車でクライネシャイデックに上がり、アイガー北壁やユングフラウなどを撮影。ラウターブルンネンを経てミューレンへ行き、反対側からのユングフラウ山群を撮影しました。

ミューレンのホテルの前で

4日目は専用車でグリムゼル峠を越えてタッシュへ。電車に乗り換えてツェルマトに入りました。ツェルマトの瀟洒なホテルに3泊し、ゴルナーグラートやクラインマッターホルン、トロッケナーシュテークといった展望台から、マッターホルン、モンテローザ、ブライトホルン、リスカム、カストル・ポルックス、ワイスホルンなどの撮影を楽しみました。

ツェルマットから朝のマッターホルン

そして7日目はシャモニへ。シャレーで4泊し、プラの村からのドリュやヴェルトなど針峰群、ミディからのモンブランやグランドジョラスなど、イタリア側のベニの谷、フェレの谷に回ったり、プランプラへ上がったりと連日撮影に出かけました。

プラから見たドリュとベルトの針峰

ヴェニの谷で記念撮影

10日目は雨になりましたが、休養となり、22日には皆元気に帰国しました。お世話になった白簱先生やツアーリーダーとして昨年に引き続きお世話いただいた益田さん、そしてシャモニの神田さんご夫妻、おいしい料理を作ってくれた中野さんはじめスタッフの皆様、ありがとうございました。おかげさまで楽しく充実した旅ができたことをご報告します。

最近のブログ
ブログアーカイブ