先生の個展、始まりました。

2018-01-04

「日本山岳写真会の至宝・白旗史朗の フジクロームで描く 美しき日本の屋根」始まりました。

1月4日から11日まで、フジフィルムスクエアにて、入場は無料。

カレンダーや書籍の販売も行っております。

是非、お越しください。

会場内の様子は、、、

見に来てください。

今年も盛大にお餅を搗きました。

2018-01-01

12月24日、恒例の「餅つき忘年山行」を、いつもの精進湖ヒュッテにて行いました。

火を起こす人、水路を作る人、餅を搗く人、手返しをする人、のしを担当する人、辛みモチの大根おろしやアンコなど搗いた餅を食べる用意をする人など、毎年のことなのでいつの間にか担当が決まり、みんな効率よく動いています。草餅を作る際のヨモギは春先に民宿のおばさんが摘んでこの日に備えて冷凍してくださっています。そうそう、衣装(?)をバッチリ決めている人もいましたっけ(笑)

夜はもちろん、忘年会。民宿スタッフの心づくしの夕食をいただきました。

翌朝には富士山も素敵な姿を見せてくれました。みなさん、ニコニコ顔で戻ってきましたが、結果はどうだったでしょうか?


2017年の活動はこれですべて終了しました。

来年は1月4日~11日まで、六本木の富士フィルムフォトサロンで先生の個展が開催されます。

特大の写真も何点かあります。是非ご来展ください。


2017年度第2回講評会を行いました

2017-12-28

2017年度第2回講評会は河口湖・富士の宿おおはしで行いました。会山行(千枚岳)の部は悪天候の中で作品は少なかったのですが、富士山と自由山行の部は流石!と言われる作品が並びました。先生の作品選考はいつもながら一点一点確かめながら厳しいものでした。高山植物の部を含めて、今回は女性のO・K・Tの3人が上位を占めました。プロジェクターによる講評も改良を重ね今回は非常に見やすくなりました。

第38回山岳写真の会「白い峰」福岡展が始まりました。

2017-11-05

第38回山岳写真の会「白い峰」福岡展が始まりました。

会期は11月3日~8日までの前半は富士山の写真、後半の10日~15日までは日本と海外の写真の展示となります。

詳しい日程は「お知らせ」をご覧ください。

皆様のご来展をお待ちしています。

2017年度第1回講評会を行いました

2017-09-12

2017年度第1回目の講評会を三島市民生涯学習センターにて行いました。

今回は「会山行の部」は6月に行われた”三ツ峠・河口湖”での撮影会が対象であったのですが、天候に恵まれなかったこともあり、入選作品は無しということになりました。

それ以外の部門では今回初めての試みとして、会員同志でのの”互選”を行いました。最初に先生が選んだ入選候補作品に、それぞれ一番いいと思う作品に投票しました。 もちろん、その後は先生が順位を決めましたが、自分たちで選んだ作品と、プロが選んだ作品と一致したでしょうか??  撮るだけでなく良い写真を見る目も養わなければいけないと感じた会員も多いのではないでしょうか。

作品選考が終わった後は、いつも通りプロジェクターを使った講評です。先生のトリミングがなされると会員から、なるほど~と言わんばかりのため息が漏れるのも毎回おんなじです。

講評会の最後は昨年度の年度賞の表彰です。  残念なことに最優秀賞である年度賞を獲得した会員が家庭の事情で参加できなかったのですが、賞をいただいた会員はみなさん笑顔の表彰式となりました。  今回の記念写真は、はい、ポーズの前のちょっとリラックスした写真で決めてみました。

第38回Final「白い峰」大阪展が始りました。

2017-08-17

8月18日(金)~24日(木)まで富士フィルムフォトサロン大阪(旧大阪丸紅ビル1F)で第38回Final「白い峰」大阪展が始まりました。第1次の「白い峰」に区切りをつけるFinalの写真展になります。17日(木)には白籏史朗も飾りつけに来阪し、富士山、日本の山々、海外の山々など80点余の山々が皆様のご来場をお待ちいたしております。ネパールヒマラヤ、ロッキーマウンティンズ、ザ・カラコラムの写真集、2018年版カレンダーも販売いたしております。

第6回中京地区会員展 開催中です!

2017-08-02

8月1日(火)~6日(日)まで、第6回中京地区会員展が名古屋市民ギャラリー栄8階第8展示室にて開催中です。中京・静岡地区在住の会員11名が山岳と花の写真を計43点出品しています。白簱史朗先生の特別出品5点(これらは第38回山岳写真の会「白い峰」写真展に出品のもの)も展示していますので、ぜひご覧ください。会場のご案内はお知らせに出ていますのでご参照ください。皆様のお越しをお待ちしています。

2017年度九州支部久住ミヤマキリシマ撮影山行を行いました。

2017-06-13

6月10日(土)~11日(日)九州支部では2017年度最初の久住ミヤマキリシマ撮影山行を行いました。参加者は山崎さん夫妻を含め関西支部からの3人を含め8人で少し寂しい気分でしたが、10日(土)18時に山崎さん宅の別荘に集まりました。山崎さん宅付近は白水の炭酸水で有名なところ。新鮮なお造り、牛肉、地元の山菜など心づくしの料理、ワインや日本酒、焼酎などいただき、20時過ぎまで野外でバーベキュー、懇親会をしました。                                         翌日11日(日)は午前3時に起床。山崎様奥様の手作りのお弁当をいただき、山行の5人は4時40分牧ノ戸峠を出発。扇が鼻分かれ付近ではミヤマキリシマ咲き誇る前方に久住山がガスの流れる向こうから姿を現します。久住山避難小屋から石のゴロゴロした急坂を上り御池の周りを通り天狗が城からの道に合流して九州の最高峰中岳に着きました。雨の中での出発でしたが天候も回復し薄日もさしてきました。この後関西から参加の3人は、久住別れから別れ、すがもり越から法華院温泉山荘に宿泊し、12日には平治岳へ登りキリシマツツジ満開の山を満喫されたようです。


2017年度第1回撮影山行を行いました。

2017-06-07

6月4日~7日の3泊4日で今年度最初の撮影山行を行いました。

今回は富士山の好展望台「三ツ峠山荘」に2泊、下山して河口湖の定宿「富士の宿おおはし」にて温泉を楽しみながら1泊という日程でした。

三ツ峠ではミツバツツジと富士山の組み合わせを計画していたのですが、残念ながら今年は小屋の前の花は1週間ほど前に満開になってしまっていました。それでも午前中は富士山の姿を拝むことができ、それぞれに撮影を楽しみました。この季節、山が見えない日も多いなか、見えただけでもラッキーです。午後は富士山は見えませんでしたが、この周辺に自生している絶滅危惧種のランの保護活動や花に関してのよもやま話を小屋の主人に聞くことができ、撮影とは一味違った有意義な時間を過ごすことができました。

下山して山の汗を流しながら温泉と豪華な料理に舌鼓を打ちながら楽しい一夜を過ごしました。

参加人数はやや少なめでしたが、梅雨入り前のタイミングでの撮影会となり、参加者は皆さん笑顔で撮影会を終了することができました。

関西支部山行 涸沢ヒュッテにて

2017-05-29

残雪の涸沢を訪ねて、関西支部山行を行いました。5月13日、参加者は上高地「山のひだや」で前泊。翌14日、涸沢ヒュッテを目指します。例年より残雪が多く、まだ夏道はまだ殆ど現れていません。途中で撮影を楽しみながらも、雪道は手ごわくやっと涸沢ヒュッテに到着すると、小林銀一親分はじめヒュッテのスタッフの方が迎えてくれ、疲れもふっとびます。

白簱先生も、親分と久しぶりにヒュッテの食堂で歓談。おいしいワインもすすみます。

この山行は残雪の穂高を狙って計画したものですが、涸沢ヒュッテに3泊、下山後は中の湯温泉旅館に1泊という贅沢なものです。明け方はヒュッテの上の雪原に出て穂高のモルゲンロートを撮影。昼はトイレ上のテラスで残雪の造形を撮影、と涸沢ならではのモチーフを探して撮影を楽しみました。

この山行を通して、涸沢ヒュッテの皆様には言葉では言い表せないほどのお心遣いをいただき、本当に楽しく有意義で贅沢な時間を過ごさせていただきました。先生も久しぶりで4×5のシャッター音を思う存分鳴らしたのでした。

最近のブログ
ブログアーカイブ