日本の名峰を撮る 白簱史朗山岳写真展が始まりました。

2019-04-26

本日より9月1日まで、身延町なかとみ現代工芸美術館にて始まりました。

南アルプスが9枚、富士山が15枚の写真が展示されています。うち、3枚は2000×2500という特別サイズ。自分がそこの山の中に立っているような気持にされます。

展示作品のうち、4枚は会期中の前期(~7月1日)、後期(7月3日~)にて展示替えを行います。是非、前期・後期ともご覧いただけますようご案内申し上げます。

詳細は当HP、及び白簱史朗公式HP内の”お知らせ”欄にてご覧ください。

*写真は館内撮影禁止のため、外観のみとなります。

白簱史朗写真展 「山と水の情景」 が始まりました。

2019-04-21

本日より、5月31日までの日程で白簱史朗写真展 「山と水の情景」が始まりました。

韮崎駅から徒歩1分、韮崎市民交流センターNICORIにて開催されています。

会場には厳冬期の山々や、厳しい中にも優しさが見える北アルプスの山が11枚、打って変わって豊かな水に育まれた尾瀬の風景が18枚、そして素敵な姿を見せてくれる八ヶ岳が4枚とバラエティに富んだ写真が出迎えてくれます。

会場に入った正面には特大サイズの○○の写真が、、、 どの山の写真かは見てのお楽しみにさせてください。

詳しいご案内は、本HP及び白簱史朗公式HP内の「お知らせ」欄にてご覧ください。

皆様のご来展をお待ちしています。

※ 会場内は撮影禁止ですので、外からの写真のみになります。

2019年度総会を開催しました

2019-04-21

4月6日(土)午後1時15分から三島市民生涯学習センターの第1・2・4会議室をお借りして、2019年度の山岳写真の会「白い峰」総会を開催しました。現在の会員85名のうち、出席者42名、委任状29名で、総会は成立しました。活発な意見が出され、2018年度の行事報告、会計報告、2019年度の行事計画、予算案など一部修正を経て、すべての議案が承認されました。会山行は6月に尾瀬が予定され、他にも実施する計画です。写真展は中京地区展、関西地区展として開催されますが、他の地区でも写真展をしたいという声が多く、実現に向けての取り組みが行われることと思います。総会の終了後、参加の皆さんから一言ずつ先生にお話しをする機会を設けて、先生もそれぞれに応えてお話をしてくださり、なごやかなひと時を持つことができました。その後、会場を魚河岸寿司に移して懇親会を行い、午後5時30分にお開きとしました。久しぶりに先生のお元気なお顔を拝見することができ、有意義な一日となりました。

最近のブログ
ブログアーカイブ