2015年度 関西支部研修会を行いました。

2015-06-29

6月27日(土)、東京からご多忙の白簱先生をお迎えして、大阪御堂筋本町の富士フイルムフォトサロン(大阪丸紅ビル)会議室で、2015年度 関西支部研修会を行いました。

関西支部会員参加者から富士山、国内外一般山岳、そして高山植物の3部門ごとにプリント作品が出品され机上に並べられました(総数111点)。白簱先生が、部門ごとに並べられた机を周回し、ほぼ1点ごとコメントしていきます。勿論辛めのコメントが多いのですが、中にはお褒めの言葉もあります。作品には出品者の名前が伏せられていますので誰が褒められているのかは本人しか分かりません。さぞかし本人は心の中でニンマリのことでしょう。きつく、辛口の場合はこの逆ですが・・。このドキドキ感が何とも言えない、スリルのようなものを研修会では味わえるのです。周回しながらのコメントが終わると、上位10作品が選定されます。このようにして3部門すべてでそれぞれ10作品が選定されると、白板に貼り付けられて1点づつ講評されます。

先生のコメントで最も多いのは、いつもながら「構図」と「ピント」についてです。毎回その対策もご指導いただいているのですが、我々はなかなか作品の中に実現できません。これが写真の奥深さ故なのでしょうか。今年も白簱先生から山岳写真の技術や心得などを学ぶことが出来ました。ありがとうございました。

研修会終了後、場所を梅田の毎日インデシオに移して懇親会を行い、楽しく充実した一日を終えました。

本部・九州支部合同撮影山行を行いました。

2015-06-14

6月7日~10日の3泊4日にて、本部・九州支部合同の撮影山行を行いました。

ミヤマキリシマが咲き誇るくじゅう山系の撮影をしよう、との企画だったのですが、残念ながら何年かに一度のシャクトリムシの大発生の年に当たってしまい、この山行の下見をしてくれた九州支部の会員から「花は全く駄目だよ」との報告を受けての山行でした。そして、それに追い打ちをかけるような雨・雨・雨。

本来なら一番撮影ができるはずの8日、9日の2日間は観光旅行となってしまいました。それでも、原尻の滝、藤河内渓谷、普光寺磨崖仏、岡城址、国宝の臼杵石群と、天気が良ければ行かないようなところを回るそれなりに楽しい旅となりました。

この巻物、何だかわかりますか?

岡城址の入場券です。

たった300円の入場料で、こんなしゃれたものをくれるなんて・・・

それでも、さすが(?)山岳写真の会、9日には雨の予報と花がないのを承知の上で3名の会員が登山を希望、九州支部の2名の会員がガイド役を買って出てくださり、久住山からくじゅう山系の最高峰中岳まで歩いてきました。

下界が終日降ったりやんだりの天気だったため、山の上も降られっぱなしだったのでは? との心配をよそに雨雲の上に出たようで、登りはじめに降られただけであとは雨も上がり四国まで見渡すことができ、九州の会員がびっくりするくらいの展望に恵まれたそうです。真面目な人は得をするんですね。

最終日、これから帰るという時になって雨雲はどこかに去り青空が広がりました。

たまには、こんな山行もあってもいいのではないでしょうか。

最近のブログ
ブログアーカイブ